HOME >> Japanese >> 日本人と南米人の踊りのノリ

日本人と南米人の踊りのノリ

クラブなんかに踊りに行くと、踊っているシルエットを見るだけで、その人が日本人なのか他の外国の人なのかがわかる。この違いは、どこにあるのかを調べようと思って、同じクラスの留学生と始めた研究。留学生の子が南米人ということもあって、とりあえず日本人と南米人で調べることに。動きを調べるために、簡単なモーションキャプチャシステムを作ったりして、とても楽しい研究だった。調べてみると、日本人はビートを表でとりがちなのに対して南米人は裏でとるということ、日本人は胸と腰が同時にリズムを刻むのに対して南米人は別々であること、などが踊りの動きから定量的に観測することができた。また、ビートをとる体の部位や、部位同士の動きの関連など、たくさんの結果を得ることができた。でも、南米人の友達と、かけがえのない友情を築くことができたこと、これが一番の結果でしょう。

ブラジル人の踊り 踊り モーションキャプチャシステム

Publications

  • Daisuke Iwai, Toro Felipe, Noriko Nagata, and Seiji Inokuchi, "Identification of Motion Features Affecting Perceived Rhythmic Sense of Virtual Characters through Comparison of Latin American and Japanese Dances", The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers, Vol.65, No.2, pp.203-210, 2011.
  • 奥本和貴, 長田典子, 岩井大輔, フェリペ・トロ, 井口征士, "モーションキャプチャによるラテンダンスの解析と生成", 電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-12-116, 2005.
  • Nagata, N., Okumoto, K., Iwai, D., Toro, F., Inokuchi, S. (2004). Analysis and Synthesis of Latin Dance using Motion Capture Data, Aizawa, K. et al (Eds.), Advanced in Multimedia Information Processing - PCM2004, Lecture Notes in Computer Science 3333, Springer, 39-44.
  • Nagata, N., Okumoto, K., Iwai, D., Toro, F., Inokuchi, S. (2004). Comparative Analysis and Synthesis of Latin Dance using Motion Capture, Proceedings of the Tenth International Conference on Virtual Systems and Multimedia, 779-780.
  • 岩井大輔, フェリペ・トロ, 井口征士, "踊りの特徴分析と日本人と南米人のノリ", 計測自動制御学会, システムインテグレーション部門講演会(SI2002), pp.299-300, 2002.
  • フェリペ・トロ, 岩井大輔, 井口征士, "踊りの特徴抽出と日本人らしさ", 情報処理学会, 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, pp.165-168, 2002. [ppt]