HOME >> Japanese >> インタラクティブ本棚

インタラクティブ本棚

我々は,身近な実物体表面をインタラクティブサーフェス化することで,広範囲の日常活動を支援することができると考え,本論文では,本棚をインタラクティブサーフェス化し,収納された文書の探索および収納を支援することを提案した.具体的には、まず,ユーザが指先で本棚の棚表面をなぞると,指先の接触している棚の真上およびその周辺に収納されている文書の表紙画像がその背表紙に投影表示される「表紙画像の投影表示による探索支援」を提案した.次に,本棚から取り出した文書を収納し直す際に,本棚前面にその文書を接近させると,プロジェクタからガイド光を投影して,以前の収納位置を指示する「収納位置の投影指示による収納支援」を提案した.被験者実験により,表紙画像をもとに文書を探索する場合には,提案した探索支援が有効であることを示した.さらに収納支援によって,本論文で設定した環境下で,効率的な文書収納が可能となることを示した.

Publications

  • 岩井大輔, 矢引達教, 松下和弘, 佐藤宏介, "投影型アノテーションにおける投影面形状の重畳文字可読性に与える影響および重畳文字の運動による可読性改善に関する研究," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 17, No.4, pp. 469-476, 2012.
  • 松下和弘, 岩井大輔, 佐藤宏介, "Interactive Bookshelf Surface: 本棚のインタラクティブサーフェス化による文書探索・収納支援," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.16, No.1, pp.3-12, 2011.
  • Kazuhiro Matsushita, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Interactive Bookshelf Surface for In Situ Book Searching and Storing Support," In Proceedings of Augmented Human International Conference, pp.2:1-2:8, 2011.
  • 松下和弘, 岩井大輔, 佐藤宏介, "1次元レンジファインダと画像計測による本棚利用ログの自動取得とインタラクティブ本棚," 第52回自動制御連合講演会, E5-4 (6 pages), 2009.
  • 松下和弘, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影型複合現実感技術と本棚ログによる本棚利用支援," 第14回日本バーチャルリアリティ学会大会, 3B2-1 (4 pages), 2009.
  • 松下和弘, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影型複合現実感技術を用いた書架管理支援システム," 電子情報通信学会総合大会講演論文集, p.289, 2009.